- Princess Cruise -

「Ao」2018


プリンセス・クルーズは、最新作のプロダクション・ショー「ザ・シークレット・シルク」が今秋、日本発着クルーズを運航するダイヤモンド・プリンセスで初演を迎えるにあたり、8月より「『鶴の恩返し』プロジェクト」を開催します。

『ウィキッド』などのブロードウェイ人気ミュージカルで知られ、アカデミー賞、トニー賞、グラミー賞の受賞歴を持つ作曲家スティーヴン・シュワルツ氏と、同氏率いる制作チームとのコラボレーションによる第3作目となるプロダクション・ショー「ザ・シークレット・シルク」は、2018年10月16日(火)に横浜を出発するダイヤモンド・プリンセスの船内で初上演されます。これに伴い、「『鶴の恩返し』プロジェクト」を8月上旬から開催。日本発着クルーズを運航するダイヤモンド・プリンセスの船内を中心に折り鶴を募り、集まった折り鶴1羽につき100円を横浜市の子ども貧困対策事業に寄付します。本作のテーマとなる「鶴の恩返し」にちなみ、プリンセス・クルーズの母港である横浜へ日頃の感謝の気持ちを表す試みです。

またこの度、いくつもの小さな折り鶴を組み合わせた芸術作品を作り出す美術家として知られる小野川直樹氏とコラボレーションし、プリンセス・クルーズのシンボルマークであるブランドロゴをモチーフにした作品を制作します。集まった折り鶴は、小野川氏のアート作品に組み込まれ、今後、ダイヤモンド・プリンセス船内で展示予定です。

今回、使用する折り紙は、プロジェクトの趣旨にご賛同いただき、「教育おりがみ」をはじめとする様々な折り紙製品を販売する株式会社トーヨー様に協賛いただきました。

PRTIMES

Naoki Onogawa

Naoki Onogawa official

0コメント

  • 1000 / 1000