Statement

- 折り鶴との歩み -

幼少の頃、特に小学生の頃に折り紙に熱中していました。夏休みの自由工作では折り紙で作った恐竜のジオラマを作っていたほどです。高校を卒業し、美術系の学校へ通いだした頃から自身の軸になるものを作品へ落とし込みたいと思うようになります。自分の中を掘り起こしたところ、そこには折り紙があり、その中から折り鶴を選びました。その時は直感で選んでいました。なにか可能性を感じたからです。それは今も変わっていません。

在学中に3.11を東京で経験し、その夏に初めて折り鶴を使った作品を制作します。そしてその半年後、卒業制作で「鶴の樹」を制作しました。3.11に関して、東京で体験した揺れと、報道で知ったその時の現状。”ものづくり”において、なにか形にしたいと思い、自分のアイデンティティのひとつとして捉えた折り鶴で作品を制作し始めます。1年後の4月に岩手県陸前高田へと赴き、現地の方の話や実際に町を見て回り、自然の驚異の前では人間は何もできないのだと恐ろしくもあり、また、広大さを感じました。それは人種も性別も社会的地位も関係なく襲ってきます。いつの時代も自然の脅威と向き合い、しかし時にあやかり、共存しているのだと改めて思うと同時に、人間の持つ精神面の力強さも見聞き体験しました。

折り鶴は平和の象徴と良く耳にします。陸前高田で瓦礫の近くや建物の入口に吊るされた千羽鶴をみて、行き場のない気持ちを折り鶴に託しているように見えました。戦後、折り鶴は広島や長崎に送られていますが、毎年何トンという膨大な量の折り鶴が届くのだそうです。彷徨っている気持ちの吐き場所であり、その繰り返されている惰性の様なものに違和感を感じます。折り鶴は今、平和の象徴ではなく祈りの象徴といった方がしっくりくるのではないでしょうか。なにかを願う時の乗り物として折り鶴に願いを託すからです。それは平和に限ったことではなく、鎮魂の意と共に、事物を再確認させるといった力も備えているのでしょう。答えや正解では無く、ひとりひとりがどう考えるか、どの様に受け入れるか。いつの日か出会った折り鶴はそんな事を教えてくれる、また、そのきっかけとなっているのでしょう。

見えないものを見ようとする心や事物に思いや魂を込めるということ、それらをあやかり支えとすること、不思議で曖昧な感覚を折り鶴に落とし込み、作品を制作する。これが折り鶴に見る可能性のひとつです。

遠い昔からの想いをのせ、時を越え現代の手によって創り上げられる作品が、観るものとの対話を通し、心を揺さぶる「なにか」が生まれることを信じています。言葉では説明しきれない感覚を、作品を通して表現できれば、また、通い合うことができれば幸いです。

- My Life With Orizuru -

Like most children in Japan, I was introduced to the world of origami paper folding at a young age. With just a single sheet of paper various forms can be expressed. I was particularly impressed by orizuru, the crane, which is the most well-known traditional origami form. Origami is known worldwide and has become quite popular. Orizuru is not only beautiful as an art form, but is a symbol of prayer in Japan.

From time immemorial, the Japanese people have been keen to some

invisible power in things in the natural world. We feel some objects have a soul, and we pray to them for peace, happiness, health, & etc. I’ve come to understand these feelings over the years while enjoying the process of folding origami figures, in particular the orizuru crane. While

folding orizuru I try to endow them with such feelings as hope or peace.

It is my wish to communicate with people through my art. I hope you can feel that soul or power when looking at my artwork, and feel peace and harmony with nature.